2008年10月31日

冠婚葬祭の洋服って難しい

そんな時には男性は黒いネクタイに黒い地味なスーツ、女性も地味なスーツにして場の雰囲気を壊さないような気配りが必要である。冠婚葬祭の「冠」は成人式。これは時代の流れですから、必ずしもマナー違反とはなりませんが、やはり華やかな席のイメージを壊すような格好は避けるべきであろう。冠婚葬祭の服装はその基本中の基本。場違いな服装をしてしまえばそれだけで周囲の顰蹙を買うことになりかねませんし、出席している間中恥ずかしい思いをしなければならない。それから忘れられがちなのが寒い日に喪服の上に着るもの。

結婚式の場合、平服で大丈夫だと指定があることもあるが、それでも略式礼装かそれに近い服装にするのが最低限のマナーである。結婚式の服装の場合、基本的には略式礼装になる。しっかりマナーをわきまえた服装をしたいものだ。最近では成人式をカジュアルな服装やラフな格好で参加する人も増えている。冠婚葬祭は周囲の人の目と、場の雰囲気をつねに考える必要がある場である。その中でももっと最初に悩むのが服装であろう。

結婚式といえば華やかな席、そして祝いの席ですから、祝福の意を表すためにも地味な服装は避けたいもの。主役よりも派手な格好は避けなければならない。ただし、女性の場合、結婚式に白いドレスを着ていくのはngになっている。通夜の場合、喪服を着ていくのが基本だが、仕事先から駆けつけなければならない場合もある。一般招待客は基本的に新郎新婦を引き立てる存在。アクセサリーも注意が必要であろう。

冠婚葬祭の服装に悩まされている人も多いのではないか。冠婚葬祭の服装といえばまず結婚式。基本的にアクセサリーはつけない。男性はブラックスーツ、ダークスーツ、女性はロングドレスやスーツである。2連は「重なる」を連想されるのでngである。毛皮や皮製のコートは殺生をイメージするため、ngとなっている。

タグ:冠婚葬祭
posted by まさっち at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。