2009年03月13日

ダイエット失敗?単品ダイエットが失敗する理由

ダイエットの方法には、ある特定の食材だけを食べるという方法もありますが、良い効果がなかなか出ないどころか、体の不調が現れる場合もあるようです。

「りんごダイエット」を試した人の体験談です。
このダイエットのやり方は、一日口にしていいのはりんごと水だけ、という過酷なダイエットです。
それを3週間続けたそうですが、常にお腹が空いている状態で、体力はなくなり、見かけもガリガリにやせてしまいました。
その後は、すぐにリバウンドしてしまい、体調を崩してしまうなど、とても苦労したそうです。

このほかに、有名な単品ダイエットには、グレープフルーツダイエット、ゆで卵ダイエット、パイナップルダイエットなどがあります。
このダイエット法は、極端に摂取カロリーが減るので、短期間で体重を減らすことができます。
しかし、ずっと同じものばっかり食べるので、当然飽きてきますし、栄養価が偏って健康面に支障が出てきます。
また、摂取カロリーが少ないことで、軽い飢餓状態だと身体が判断し、エネルギーを脂肪細胞に蓄積しようとします。

その結果、運動をしない限り、基礎代謝が確実に落ちてきます。
そして、このダイエットをやめたとき、リバウンドが起こってしまうのです。
ダイエットに失敗してしまうのは、「単品ダイエット」のような間違ったダイエットを行なうからなのです。規則正しい生活をし、自分に合った摂取カロリー分の食事を摂り、適度な運動をしてやせるのが一番です。
赤面症原因と直し方

食道がん

若年性健忘症

ダイエット失敗?ダイエットする動機が大切

ダイエットをしている人の悩みは、何回挑戦しても長続きしない、途中で諦めてしまう、といったことだと思います。
いつも失敗してしまうのは、自分の意志が弱いから、と落ち込んでしまう人は多いでしょう。
そのような人は、意志が弱いから失敗してしまうのではなくて、ダイエットを始める動機が、もともとはっきりしていないのかもしれません。
どうしてやせようと思ったのか、改めて考えてみてください。

鏡に写る自分の姿が醜く見えたり、体型のことで恋人にふられてしまったり、お店で気に入ったスカートがきつくて入らなかったり、このような屈辱的な経験があったからこそ、ダイエットを始めようと思ったのではないですか?

ダイエットに挫折しそうになったときは、そのときのつらい気持ちを思い出してください。
きっとやる気が湧いてくると思いますよ。
また、初心を忘れないように、どうしてダイエットを決意したのかを、紙に書いていつも目にする場所に貼っておいても効果的だと思います。

しかし、紙に書こうとしても、動機が書き出せないような人は、理由もなくなんとなくダイエットを始めてしまったのでしょう。
これでは、目指す目標が見つからないので、途中でやめてしまい、リバウンドして体重が逆に増えてしまう可能性があります。
これは、動機がはっきりしないから、最後まで負けない、という強い意志がもてないのです。
これでは、ダイエットを始めても長続きしないはずです。
なぜやせたいのか、というはっきりとした動機をもつことは、ダイエットの成果を挙げるのに大切なことなのです。
不眠症原因と改善

顎関節症と膝関節症

ダウン症検査や原因

ダイエット失敗?成長期のダイエット

ある高校生の女の子は、高校一年生の時にダイエットを始めました。
その動機は、高校に入ってから、周りの友達のほとんどがダイエットをしていたからだそうです。
中学生までの彼女は、しっかりと昼食を摂っていたのですが、高校に入ってから周りの影響を受けて、昼食を摂らない生活を始めました。
そして、はじめの1ヶ月で10キロも体重が減ったそうです。
その後2、3ヶ月は調子が良かったのですが、昼食を抜いた分だんだんと夕食の量が増え、さらに夜食を食べるようになってしまいました。
結局、10キロ減った体重はプラス15キロとなってしまいました。

彼女は、このリバウンドに驚いて、中学時代のような1日3食の規則正しい生活に戻したそうです。
そして、ダイエットを止めてから一年は、大きな体重の変化はなかったようです。
ただ、成長期であったため、身長が15センチも伸びたため、とっても理想的なスタイルになったそうです。

彼女の場合、成長期という大事な時期に、ダイエットを始めてしまいました。
成長期は、成長のために使われるエネルギーを、大人よりも多く必要とします。
また、成長期に形成される骨は、これからの健康に深く関わってくるので、この時期がとても重要なのです。
成長期は、たんぱく質とミネラルがとても重要です。
意識的にこれらを多く含んだ食品を摂取することが大切です。
とくに、成長期の方は、食事を抜くダイエットではなく、健康的なダイエットを心がけてください。
運動失調症と小脳失調症

膀胱炎症状

拒食症治療

ダイエット失敗?太らないようにする方法

何度もダイエットに挑戦してもいつも失敗してしまう、という人の中には、雑誌やテレビで評判となっているダイエットをいろいろ試して、効果が出ないとすぐに諦めてしまう人が多いようです。

ダイエットというと、おいしい食べ物を我慢したり、つらい運動をしたりしなければならないから、簡単にやせることはできない、と思い込んでいる人が多いと思います。
「ダイエット」と考えてしまうから、簡単にはできないと感じるのです。

太ってしまう原因はとても簡単に考えられます。
当然のことですが、体に入れた摂取カロリーを、充分に消費しないと太ります。
つまり逆に言うと、やせるためには、摂取するカロリーを少しだけ減らして、それ以上に消費するカロリーを少し増やせばいいのです。
そのためには、今の食事の中で、控えるべき食べ物を決めておくことが大切です。
たとえば、おやつを食べる習慣があるのならそれをやめたり、摂取するカロリーが取り過ぎだと気づいたら控えたり、今の食事を見直してみましょう。

また、普段の生活でも、消費カロリーを増やすことは簡単にできます。
たとえば、エスカレーターを使わないで、階段に変えるだけで効果はあります。
また、時間があるときは、できるだけ歩いて出かけるのもいいでしょう。
このように、自分の生活を見つめ直し、それを積み重ねることだけで、立派なダイエットになります。
雑誌で効果があると聞いたから、とあれもこれも試すよりも、生活の中で行なう小さな努力を続けることのほうが、必ず効果が出ますよ。
心気症

抜毛症

認知症症状

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。