2010年06月10日

ホウレン草の土作りと施肥

ホウレン草は、冷涼な気候を好み、低温には比較的強いものの、耐暑性は低く、20℃以上になると生育が悪くなります。夏に栽培するには不向きです。土壌への適応性は広いことから、家庭菜園で作りやすいといえるかもしれません。
品種は、「新日本(しんにほん)」「豊葉(ほうよう)」などが代表的です。


畑の準備と施肥
★土作り
火山灰土のような土から粘土質の土までよく育ち、土を選びません。水分についてもさほどこだわりはないようです。ただし酸性土壌は不向きなため、石灰によって中和してから栽培する必要があります。雑草のスギナが多く発生している畑は、酸性度が高いということです。その場合は、標準量の2〜3倍の石灰を与えるようにします。
早めに畑全体に石灰をばらまいて中和をし、深さ20センチメートルくらいに耕しておきます。
*石灰の量・・・苦土石灰あるいは消石灰で1平方メートルあたり100g程度。

★追肥
間引き後に、畝の間に化成肥料をばらまき、くわで軽く土と混ぜ合わせます。また、強い雨に見舞われたりすると、雨で肥料が流出することがあります。そのような場合は、適宜少量の追肥をし、肥料切れを防ぎます。
*秋や春の温暖なときに、べと病が発生しやすくなります。葉が黄褐色の角斑がつく症状です。風や雨のあとや肥料切れしたとき、あるいは密植で軟弱なときに被害が大きくなりますので注意します。病気の兆候をみつけたら、早めに発病部の葉を取り除き被害の拡大を防ぎましょう。

(pr)
指輪

生姜
asics
chanel
posted by まさっち at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

ラディッシュの土作りと施肥

ラディッシュは、赤い色が美しい、小型の大根です。「聖護院大根」「練馬大根」など、大きな大根を家庭菜園で作って収穫する楽しみは格別ですが、大根を作るには、広い敷地面積が必要であったり、耕土が深い必要があります。その点、ラディッシュならば、プランターや鉢でも手軽に作ることができます。1年を通して栽培でき、短時間で収穫できることから、家庭菜園1年生の方には最適の野菜です。一度にたくさん栽培するのではなく、少しずつを1〜2ヶ月ごとにずらして栽培すると良いでしょう。タネまきから収穫まで、春は30日、冬でも60日くらいです。

畑の準備と施肥
★土作り
肥沃で軽い土を好みますが、土はあまり選びません。
元肥
・ピートモス・・・5リットル
・化成肥料・・・200g
・熔成リン肥・・・50g
・苦土石灰・・・100g
元肥は、深さ30センチメートルの土とよく混ぜます。そのあと、幅1メートル、高さ20センチメートルのまき床を作ります。

★追肥
追肥は生育に合わせて行います。プランターや鉢などの容器栽培の場合は特に、1ヶ月に1回ほど、速効性の化成肥料をばらまきます。量は直径30センチメートルの鉢で化成肥料2〜3g程度が適量です。

収穫が遅れると、裂根やす入りが激しくなりますので、時期を逸しないよう注意しましょう。収穫したラディッシュは、生のままサラダでいただくのもおいしいですし、薄くスライスして甘酢漬けにするといろいろな料理に応用できます。ワカメといっしょに和風の酢の物に、あるいはポテトサラダに混ぜると彩りもきれいで、味にアクセントがつきます。是非、どうぞ!

(pr)
サッカー
ホイール
刺繍
壁掛け
手芸
posted by まさっち at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

カリフラワーの土作りと施肥

カリフラワーは、キャベツやブロッコリーと同様、ケールを先祖にもつハナヤサイの仲間です。カリウムを多く含んでいるので、高血圧予防に効果があります。また、野菜としてはたんぱく質が多く含まれています。耐寒性、耐暑性ともにあまり強いとはいえません。
また、乾燥がひどいと外葉が巻き込んで花蕾の肥大が停止してしまいます。これは「チャボダマ」という現象です。このような状態にならないよう、適宜水遣りに配慮します。また、花蕾が大きくなると、露出しないよう外葉で包み、花蕾を保護してあげましょう。日光をさえぎり、花蕾の黄化を防ぎます。
花蕾を触って、やわらかいと感じるようでは、すでに収穫遅れです。花蕾がしっかりしているうちに収穫します。
なかなか手間がかかるかもしれませんが、それも家庭菜園の楽しみの一つかもしれませんね。収穫の喜びは、かけた手間に比例します!

畑の準備と施肥
★土作り
日当たりの良い場所が適しています。
1.1平方メートルあたりに次の分量の肥料を施して、粗起こしと土の中和を行います。
・堆肥・・・2kg
・苦土石灰・・・150g
2.元肥として化成肥料150gを畝全体によく混ぜます。幅1メートルの畝を立てます。

★追肥
1.植え付けて2週間ほどしたら、最初の追肥をします。化成肥料を施します(1平方メートルあたり70〜80g)。
2.その後、20日程度してからさらに2回目の追肥を施します。分量は同量です。
3.晩生種の場合は、さらに20日後に3回目の追肥をします。

(pr)
カバーオール
ギター
シート
ハンガーラック
ベンチ
posted by まさっち at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

レタスの土作りと施肥

夏、暑いときにフレッシュのレタスサラダは本当においしいものですよね。新鮮な採りたてをいただくためにも是非、家庭菜園で手作りしたいところです。しかし、レタスは、冷涼な気候を好み、夏の暑さにはめっぽう弱く、また暑さにあたるとたちまち腐敗してしまうため、市場では、夏の栽培は高冷地にまかされています。家庭菜園では、3月下旬にタネをまき、7月に収穫する初夏どりか、8月にタネをまいて11〜12月に収穫する秋どり、もしくは11月にタネをまいて4月に収穫する春どり、など、いずれも盛夏の収穫をさけるようにするといいですね。
レタスというと、生のままサラダとしていただくのがお馴染みの食べ方ですが、ミルク仕立てのスープに入れると実においしいです!レタスそのものは淡白な味なので、ベーコンやロースハムを加えるとボリュームが出ます。びっくりするくらいたくさんの量をいただくことができます!

畑の準備と施肥
★土作り
酸性土に弱いことから、植え付け前に早めに畑に石灰をまき、中和し、よく耕しておきましょう。
元肥
畝間45センチメートル、深さ15センチメートルほどのくわ幅の溝を掘り、1メートル間隔で以下の元肥を与え、土を戻しておきます。
・堆肥・・・4〜5握り
・化成肥料・・・大さじ2〜3
・油かす・・・大さじ2〜3

★追肥
植え付け後、15〜20日と、その後半月ごとに1回、合計3回追肥をします。1回の分量は、10株あたり化成肥料大さじ2〜3杯ほどです。株の回りにばらまき、土を軽く混ぜ合わせておきます。

(pr)
Bluetooth
風呂
オメガ
ウルトラマン
カットソー
posted by まさっち at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

ピーマンの土作りと施肥

南アメリカの熱帯地方原産とだけあって、夏の暑さのなかでも元気いっぱいに生長するピーマンは、楽に夏越しし、しかも秋まで収穫が続き、家庭菜園には嬉しい野菜です。「新さきがけ2号」「にしき」「翠玉2号」など、緑色の品種がお馴染みですが、最近は、赤色果の「ワンダーベル」や黄色果の「ギールデンベル」に人気を出ています。

畑の準備と施肥
★土作り
1平方メートルあたりの肥料
・ピートモス・・・10リットル
・油かす・・・150g
・化成肥料・・・150g
・熔成リン肥・・・100g
・苦土石灰・・・150g など。
上記の肥料を畑全面に平均に散布します。スコップやくわで深さ30〜40センチメートルの土を耕し、土とよく混ぜるようにします。植え床は、幅60センチメートル、高さ20センチメートルの短冊状にします。施肥をしてよく耕したらそのまま5〜7日間放置し、土や肥料を落ち着かせます。

★追肥
1回目・・・追肥は、第1番果の収穫のときから始めます。速効成の化成肥料を1平方メートルあたりに20〜30gほど通路にばらまき、土とよく混ぜます。株の根元に土寄せします。
2回目以降・・・長期にわたって収穫を続けるためには肥料切れにならないように注意します。20日に1回程度の割合で、畝の肩に施肥します。
*追肥用の肥料には、化成肥料と液肥があります。液肥は生育が急に低下したときや、雨風や台風で地上部が障害を受けたときに応急処置として適しています。普段使いには、化成肥料のほうが便利でしょう。

(pr)
porterd
crocs
bottega
sk-2
led
posted by まさっち at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落花生の土作りと施肥

南アメリカのブラジル原産の落花生。ビールのおつまみに人気の豆です。ユニークな形のサヤに入ったあの豆が、いったいどのようにして生るか、ご存知ですか?
落花生の花とはいったいどのようなものなのでしょう?
家庭菜園の楽しみのひとつに、「商品」として市場に並ぶ前のその野菜の成長する過程を見ることができる、ということがあります。落花生は、家庭菜園の定番とはいえないかもしれませんが、黄色いかわいい花が早朝に開き、昼ごろにはしぼんでしまうさまや、花の咲いたものから子房柄が伸びて地中に入り、その先端がぷくんと膨れて子実を含んだサヤになる様子を見守っていくことはとても楽しい「理科の観察」になりますよ!

畑の準備と施肥
★土作り
1.中和・・・1平方メートルあたり、苦土石灰を150gまいて深く耕し、中和します。
2.元肥・・・1平方メートルあたり、化成肥料を80g、熔成リン肥60gを畝全体に施し、幅70〜100センチメートルの低い畝をつくります。

★追肥
追肥は少なくてかまいません(根瘤菌が寄生し、空中チッソを固定する作用をするからです)。
本葉が5〜6枚になるころ(6月上旬)に、1平方メートルあたり化成肥料を30〜40g、株から少し離れた株間か、あるいは畝の肩のあたりに施肥し、覆土しておきます。

*落花生の栽培で重要なことは、土をやわらかくして子房柄が土中に入りやすくしてやることです。土寄せは、1回目は開花が始まってから1週間後が目安です。2回目は、その後約半月後です。

(pr)
フック
パーツ
ストーブ
サルエル
けいおん
posted by まさっち at 01:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

ミツバの土作りと施肥

茶碗蒸しにちょっと添えると、その特有の香りとたんぱくな味がほっと心を和ませてくれるミツバ。一度にたくさん使うものではありませんし、お世辞にも料理の主役にはなりがたい野菜ですが、日本料理では欠かせない名脇役です。
冷涼な気候を好み、春と秋が最も育てやすいとはいえますが、夏は日覆いをし、冬は温かい場所で保温をすれば季節を問わずに栽培可能です。プランター栽培ができますので、冬は室内で育てると、観葉植物代わりにもなり目を楽しませてくれます。
品種としては、家庭菜園の場合、短期間で収穫できる青ミツバがお勧めです。

畑の準備と施肥
★土作り
ミツバのタネは比較的発芽しにくいので、畑の土作りは入念に砕土をします。容器栽培する場合は、表土をふるいでふるうなどの配慮が必要です。
タネは15センチメートル間隔のすじまきにします。好光性なので、覆土はタネをうっすらと覆う程度にします。まき終わったら、軽く押さえ、タネを土に馴染ませます。

★追肥
乾燥に弱いため、発芽まで、そして発芽後も水遣りを欠かさないように注意します。また土が固くなるようならすじ間を軽く耕してやります。込み合わないように順次間引きをし、半月に1度くらい追肥をし、肥料切れしないようにします。
*葉柄が15センチメートル程度の長さになったら根元から刈り取って収穫します。刈り取ったあと、薄い液肥を与える(追肥して充分な水遣りをする)と、再び根元から芽が伸びてきて、これも収穫できます!

(pr)
低反発
レインコート
ヤマハ
bottega
ボタン
posted by まさっち at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メキャベツの土作りと施肥

まるでキャベツのミニチュアを見ているような「メキャベツ」。直径2.5センチメートルという固くしまった球状の野菜で、キャベツの一種です。日本ではまだまだお馴染みの野菜とは言いがたいかもしれませんが、シチューやスープに入れるとおいしいですし、丸ごとフライにすれば、見た目にもユニークな一品になります。

家庭菜園で栽培する野菜としては、難易度は中程度。でも、その栽培の楽しさは格別です。生育が進むにつれてどんどん茎が長く伸びていきますので、支柱立てにして倒伏を防ぎます。茎の下から順に結球していきますので、順次、収穫します。コロコロとしたその実を収穫するのは実に楽しいですよ!これも家庭菜園ならではの醍醐味です。

「早生子持(わせこもち)」「増田子持(ますだこもち)」などが代表品種です。

畑の準備と施肥
★土作り
メキャベツは乾燥に弱いので土壌湿度を保つことが大切です。
1.苗作り
プランターかポリポットで苗を作ります。用土は畑土、あるいは赤玉土に腐葉土を砕いて混ぜます。苦土石灰で中和しておきます。元肥は、化成肥料を与えます。

2.畝作り
中和・・・粗起こしのときに1平方メートルあたり堆肥2kg、苦土石灰150gを目安に施し、土を中和させます。
元肥・・・中和後、化成肥料150gを元肥として畝全体に混ぜ、幅90センチメートルの畝を立てます。

★追肥
メキャベツは、タネまきから定植、収穫まで、生育期間が長い野菜です。また生育が旺盛なので肥料切れに注意します。
1平方メートルあたり50gの化成肥料を、苗の活着後と、以後半月おきに2回程度与えます。

(pr)
電子レンジ
象印
表札
工具
ブレス
posted by まさっち at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

test


ggijhghj

iPhoneから送信
posted by まさっち at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

gdgjj
posted by まさっち at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。