2010年06月20日

アスパラガスの土作りと施肥

アスパラガスは、宿根性のため、一度根株を養成すると長年にわたって栽培できます。日本では北海道が主な産地です。地上15センチメートル〜20センチメートルに伸長した緑の新芽を収穫して食べます。新芽に土やもみがらをかけておくと、柔らかく白いものが収穫できます。さほど場所をとらないため、一度作っておくと毎年、収穫できて楽しいですね。葉も美しく、家庭菜園で楽しんで作ってみてはいかがでしょう。

畑の準備と施肥
★土作り
1.畑は、幅50センチメートルの短冊床1平方メートルあたりに次の肥料を散布し、深さ30センチメートルの土とよく混ぜ合わせます。
・ピートモス・・・20リットル
・化成肥料・・・100g
・過リン酸石灰・・・80g
・苦土石灰・・・120g

2.まき床の中央に幅10センチメートル、深さ3センチメートルの溝を切り、タネを5センチメートル間隔でばらまきし、厚さ1センチメートルの土をかけます。

★1年目・・根株養成のための追肥
発芽後、根株を養成するために繰り返し追肥と水遣りをします。10センチメートル株間に間引きをして、速効性のリン硝安カリなどを1平方メートルあたり10gほど散布して土寄せします。

★2年目以降
収穫できるようになったら、追肥、水遣り、土寄せを繰り返します。毎年、萌芽前の2〜3月に株のすじに溝施肥をすると、根群の活力が高まります。
株の両側に幅20センチメートル、深さ20センチメートルの溝を掘り、溝の長さ1メートルあたり以下の施肥をし、土とよく混ぜます。
 ・ピートモス・・・5?
 ・油かす・・・100g
 ・化成肥料・・・50g
 ・苦土石灰・・・100g

(pr)
レトロ
ワイン
ワゴン
万年筆
印鑑
posted by まさっち at 07:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。