2010年07月07日

ラワン合板とシナ合板とその他合板

合板の代表のものとして、「ラワン合板」と「シナ合板」があります。
それぞれの特徴などを説明していきます。
見た目は全く違うもので、人によってそれぞれと思いますが、私はシナ合板の方がきれいで使いやすいと思います。
多少、シナ合板の方が高いですが・・・。
ラワン合板は、木材を薄くむいた板(ベニヤといいます)を木目が垂直に交わるように重ねて接着剤で貼り合わせを施した板です。
大変加工が容易で工作や日曜大工などに適した板材といえます。
ただ表面がかなりざらざらで見た目は少し安っぽくみえてしまう欠点があります。
シナ合板は、表面にシナノキ材を張った合板を指します。
シナ合板の表面は とてもきめが細かくてきれいです。
木目はほとんどありません。
材質はやわらかく加工も容易です。
家具など屋内使用のもの、その他幅広い用途に使用されています。
塗装などラワン合板よりも塗り易く表面もきれいに 仕上げられます。
その他合板としては、「針葉樹合板」というものがあります。
針葉樹を原料とする合板を指します。
通常のラワン合板よりも、天然資源の保護により配慮したものといえます。
また硬さや寸法変化などの物性はラワン合板と同等といえます。
建物の主要部分の下地材として使用されている合板です。
「樹脂合板」というものもあります。
表面にポリエステル、塩ビなど各種樹脂フィルムを張った合板です。
他の合板と比較して耐水性・耐久性などに優れていて、色の種類が豊富なのも特徴の1つです。

(pr)
シーリングライト
ジムフレックス
ソニー
ダンガリー
ツイード
posted by まさっち at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。