2010年07月17日

原油について

原油価格の変動と言うのは、私達の日常生活に使われている様々な商品に直接影響してきます。

身近な所で言うと、車に入れるガソリンや暖房器具に使う灯油から始まり、プロパンやアスファルトなんかも原油を使用して作られています。こう言った物を石油製品と呼んでいます。原油が使われているのはこう言った石油製品だけではなく、紙やプラスチックや化学繊維と言う様な原油を原材料にして作っている物等もあり、これらまで合わせると膨大に石油が使われている事がお分かり頂けるかと思います。

特に近年においては先物取引等、原油に対する関心度が高まっている様に感じますので、原油価格の上昇はこれらの製品を作る為のコストが上がるだけに留まらなくなります。原油が高騰すると飛行機や様々な乗り物の運賃が値上げされる様になります。また、原油を利用して生み出される電気やガスと言った熱源もコストが上がり、結果的に私達の生活に影響が出る事になるのです。

以上の事から考えてみても、原油の役割や影響はとても大きく、世界中から常に注目を浴びる商品となっているのです。また原油は世界的に見ても大きな市場で取り扱われる商品の一つで、北米市場、欧州市場、アジア市場と3大市場で消費地によって形成されています。

特に先物取引の原油価格で世界的に指標となっているのは、ニューヨーク・マーカンタイル取引所で扱われている、WTIと呼ばれる原油となっています。原油はそれだけ注目されている商品なのです。

タグ NIXON 販売店 NIXON 通販 NIXON 電池交換 DS PSP FF7 PSP 
posted by まさっち at 19:55| Comment(0) | 原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

材料加工と研磨

「材料加工」の工程について説明していきます。
穴あけ作業完了の後に材料の加工をしていきます。
必要のない部分を切り落としたり、飾りの加工などをしたりしていきます。
仕上げのデザインと、機能的な部分を付ける為の加工になります。
穴あけをした後に「材料加工」を行っていった方が、順番的にはよいと思います。
穴あけをしない状態で「材料加工」をしてしまうと、穴位置が後で決められなくなる状況になることが多いからです。
この加工を綺麗にしていく為には、穴あけと同様にしっかりと位置を決めて、罫書きをしていく事がポイントです。
「材料加工」で必要なものとしては、のこぎり、千枚通し、ノミ、ルーター、電動丸ノコ、差し金、鉛筆などが挙げられます。
「材料加工」で、変形させたり丸くしたりしたい事がある場合は、のこぎりなどでは大変な作業となってしまいます。
ルーターなどの電動工具が必須となってきます。
続いては、「研磨」(粗磨き)の工程に移っていきます。
仮の組立をしてみて、組立ができるようになった所で、「材料の研磨」をしていきます。
まずは材料の角をカンナで削り落としていきます。
カンナで削り落とした後で、100番以内の紙やすりを使用して、粗めに磨いていきます。
磨きをする前に、材料と材料の接地面や釘やビスなどを打ち込むところは磨かなくても良いので、仮に組立をした時点で、あらかじめ磨く位置はここ、と印をつけていくと磨く場所の目安になってよいかと思います。
色付け・塗装を良くする為に、粗磨きを最後にしっかりと行っていきます。
最後に研磨したクズをきれいに掃除して取り除いていきます。
きれいにできたでしょうか?

(pr)
PSP 1000
PSP 4000
PSP CFW
PSP DVD
PSP FF
posted by まさっち at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。