2010年07月19日

先物取引の歴史

近年、原油価格の上昇等で注目を浴びている先物取引ですが、実はこの先物取引の原点は日本に有ると言われているのです。

今から400年以上も前の1580年頃、「淀屋米市」と呼ばれるお米の取引市場が大阪に誕生しました。当時の日本経済の基本的な物と言うのがお米だった様で、貨幣と同じ扱いをしていた程価値があった様です。この頃、商業の中心地で有ったのが大阪で、各藩の大名達がこぞって大阪に蔵屋敷を作ってお米を売って藩の資金に充てていた様です。

ここで大阪にいた商人達が「米市」と呼ばれるマーケットを自分達で開設し運用していく様になるのですが、ここで使われていたのが「米手形」と呼ばれる物でした。本来取引時には現物であるお米を実際にやり取りするのですが、重さもあり大変だと言う事で、一俵あたりいくらで交換可能と言う証券みたいな物を利用していたそうです。これが今の日本経済を支える先物取引のルーツであると言えるみたいです。

実際に、今の様な先物取引が行われる様になったのは1730年頃、江戸幕府が米の先物取引を許可した事が商品先物取引の始まりになったと言われています。

お米の収穫量によって市場が荒れない様に、収穫する前にお米の値段を決めて受け渡しを約束させる様にして生産者側に極力リスクが起きない様にする今の先物取引の考えが確立されました。

江戸時代に考え出された商品先物取引は、現代においても原油価格の高騰等によるリスク回避の為に安定した取引が出来るとして、高い人気が有ります。

タグ PSP PS3 PSP RPG PSP USBケーブル PSP YouTube PSP gen 
posted by まさっち at 09:55| Comment(0) | 原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粗塗り塗装

「粗塗り塗装」を行っていきます。
作業を行う場所は、なるべくホコリの少ない小奇麗な場所を選びます。
木くずなどがある汚れた場所で行うと、仕上がりが綺麗になりません。
ある程度の掃除をして周りを綺麗にしてから始めて下さい。
ハケを使って薄目に均等に塗っていきます。
1回塗りではムラなどもしまうので、2回、3回と重ねて塗っていきます。
2回塗りをする場合には1回目の塗りがしっかりと乾いてから2回目を塗っていきます。
3回塗りも同様です。
塗装していく時は、天然木の場合には特に木目に沿って塗っていくと塗装の載りも良くなりますし、より綺麗に仕上がっていきます。
粗塗り塗装工程で必要なものとしては、水性塗料または油性塗料、水性塗料用のハケまたは油性塗料用のハケ、ニス(水を扱う所等の場合使用します。
油性と水性があります)、水性塗料用シンナーまたは油性塗料用シンナー、ムラなく塗っていく為の道具として「エアーコンプレッサー」と「エアーコンプレッサー用吹きつけ機」、塗りたくない場所へ貼り付けてマスクするのに使用する「マスキングテープ」などが挙げられます。
綺麗に塗っていく為には、それ相当の工具・道具が必要となり、多少なりとも投資も必要かと思います。
ハケを使って塗っていった場合においてもテクニック次第である程度ムラなく綺麗なものに仕上がらせていくことは可能です。
塗り方のコツ・経験を積んでいってしっかりとつかんでいきましょう。
また、塗装する際には部屋の換気も忘れずに行なって下さい。
密閉された部屋などでは行わないように注意していって下さい。

(pr)
PSP インターネット
PSP エミュ
PSP エミュレーター
PSP カスタム
PSP カスタムテーマ
posted by まさっち at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。