2010年07月20日

商品先物取引のデメリット

近年、原油価格が上昇してしまう事象が有るなど、先物取引について高い注目が集まっています。商品先物取引や原油先物取引等、先物取引においてはメリットばかりが取り沙汰されがちですが、デメリットももちろん有るのです。下記に商品先物取引におけるデメリットを挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

【元本保証が出来ない】
商品先物取引とは、相場取引と言う言わば株式取引と同じ様な扱いになります。ですから、もちろん証拠金に対しての保証と言うのも無いと言う事になるのです商品先物取引を行い、その後相場が自分の予想に反した動き方をしてしまった場合、証拠金がゼロになってしまう可能性も出て来ますまたそれで済むならまだ良いのですが、証拠金を更に追加しなければならない事態になる可能性も有りますので注意が必要です。

【リスクはもちろん有ります】
商品先物取引は、証拠金を使ってレバレッジを利かせて行う取引方法になります。自分達の予想通りの価格変動が起こった場合、少額の資金しか使っていないのに、利益を多く出すと言う事も可能なのです。その反面、例えば原油価格が急に下落した等と予想に反した価格変動が起きてしまった場合には、逆に損失も大きくなってしまいます。とは言うものの、あまり悲観的にならなくても良くて、リスク管理を徹底して行う事で、損失も最小限に食い止められます。

この様に商品先物取引には様々なデメリットが有ります。このデメリットをよく理解し、リスク管理を徹底して行う様にする事でデメリットもそんなには恐くなくなるでしょう。

タグ PSP go PSP mk2 PSP revolution PSP おすすめ PSP アップデート 
posted by まさっち at 23:55| Comment(0) | 原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニスについて

塗装というものは難しいから、面倒だからやらないという方、もったいないです。
せっかく作った製品をよりきれいに見せたくないですか?ここでは、「ニス」について塗り方などを解説していきます。
少しでもお役にたてればと思います。
塗装を行う前には塗装面の紙やすり掛けは必須作業になります。
販売されている材木のほとんどはそのままの状態では塗装に適していません。
100〜400番台程度の紙やすりでつるつるになるまで研磨していきます。
ニス塗りが上手に出来るかはこの塗装前の磨きに掛かっています。
といっても言い過ぎではありません。
ニスは、「油性ウレタン着色ニス」を使用します。
このニスの基本は透明でつやがあるものですが、これにつや消しを加えたものと顔料を加えて着色が色付け・塗装が同時にできてしまうものがあり便利です。
色の種類は赤や黄色や黒など10色程度あります。
ペイント薄め液といったものがあり、10%程度混ぜて薄めます。
薄めた方が塗り易いです。
ハケもあまり安物を買わずにニスにあったもの(同じメーカーで揃えるなど)を選びます。
塗る方向は木目を確認してそれに沿って塗っていきます。
ニスをたくさんつけ過ぎるとムラが出やすくなるので注意しましょう。
できる限り厚さが均等になるように塗っていきます。
色の付いている場合は、2〜3回は重ねて塗った方がよりきれいに見えます。
その時しっかりと乾燥させて表面を更に紙やすりで研磨してから2回目を塗ります。
半日程度放置しておくのがよいかと思います。
とりあえず塗る粗塗りの場合は、そこまで手間をかけずに作業していってもよいかと思います。
組立ができて仕上げ塗装時にはじっくりと時間を掛けて作業をしていき、綺麗な仕上がりになるようにしていきましょう。

(pr)
PSP ガンダム
PSP キングダムハーツ バースバイスリープ
PSP ケース
PSP ゴッドイーター
PSP ソフト
posted by まさっち at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。