2010年07月21日

原油先物取引の説明

原油先物取引について説明してみたいと思います。原油先物取引とは、1ヶ月後、半年後、1年後と言う様に未来日での特定日に原油の受け渡し、更に決済をする事を現時点での価格で契約すると言う取引になります。この方法は原油価格が変動することへのリスクを軽減させる為に、主に石油会社などが利用している取引方法です。

また上記に上げる様に原油を現物で受け渡しする取引も有りますが、その他にも実際には原油の受け渡しを行わずに、取引した原油を転売したり買い戻ししたりして、その売買差益を目的としているヘッジファンドが多く有り、これを投機と言う様に呼んでいます。このヘッジファンドを行った事による投機的な売買取引が、近年まれにみる原油相場の高騰を後押ししていると言われているのです。

原油価格の代表的な商品としては、米国産のWTIと言う原油、欧州産の北海ブレンドと言う原油、中東産のドバイ原油が有名です。この中でも米国産のWITと言う原油は世界的に見たら産出量が少量なので取引量はそんなにないと思われがちですが、需要が圧倒的に多く、更に品質もかなり高い事から原油市場における一番に代表格として扱われています。WTI先物取引では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所で扱われていますが、上場したのは1983年の頃でその頃から勢いは凄い物を見せています。実際にWTIの産出量が1日数十万バレルで有るのに対して、取引所では何億バレルもの取引が行われているのです。

タグ PSP インターネット PSP エミュ PSP エミュレーター PSP カスタム PSP カスタムテーマ 
posted by まさっち at 22:55| Comment(0) | 原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

組立て

これまで作成してきた1つ1つのパーツ部品を実際に組立てしていきます。
これまでの工程で問題なくうまく出来ていれさえすれば、スムーズに組立てていけるはずです。
作成してきたパーツを1つずつ並べていき、順番に組立てをしていきます。
組立ては一般的に使われていて簡単に組立てしていくことが出来るビスと接着剤・ボンドを併用して止めていく方法を使っていきます。
この方法は位置がしっかりと合ってさえいれば、ほとんどといってよいほど難しい技術的な作業は必要ありません。
パーツ同士の接地する面と接地する面がずれないように慎重に組み立てをしていきます。
この他の方法としては、ビスとダボと接着材を併用して止める方法もあります。
木で出来た接合用のクイである”ダボ”での止め方は、穴と穴にそれを差し込む方法です。
穴あけの時に位置がずれていない場合に有効となる方法といえます。
穴が見えないので仕上がりは綺麗に見えますが、隙間をなくす為に引き付ける力がなくなってしまうという欠点があります。
それを補うために引き付ける為にビスと併用するという方法が使われているそうです。
この工程で必要なものとしては、板の厚さに合わせたビス、(ダボ)、木工用ボンド、接着剤、ドライバー、インパクトドライバー、ハンマー、カナヅチなどが挙げられます。
手動のドライバーを使用しても作れるのですが、力も要るし結構な手間がかかってきます。
多少高価ではありますが、電動インパクトドライバーを購入しての使用がお勧めです。

(pr)
PSP ダウングレード
PSP ダウンロード
PSP チート
PSP テーマ
PSP ナビ
posted by まさっち at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。