2010年07月23日

仕上げ塗装

組立てから仕上げ研磨へと工程を進めてきました。
さていよいよ次は最終塗装を行う「仕上げ塗装」の工程へと移っていきます。
これまでの工程の中で出来てしまったムラの部分についてハケを使って、直したいと気になった箇所を細かく部分的に丁寧に塗っていきます。
最終乾燥で十分乾かした後、あまり表面がザラザラしていない綿の布(バフ)で丁寧に仕上げ磨きを施していきます。
塗装工程の注意点としては、材料の面側と端の部分(小口といっています)によっては、塗料の材料への吸収の仕方が異なります。
材料の面側ではあまり材料への吸収がありませんが、端の部分については塗料を良く吸っていきます。
これにより端の部分については思っていたよりも色が濃い目になってしまいますので、仕上げの時には端の部分への塗装はなるべくしない方がよいかと思います。
ひどいムラが出来てしまった場合には、再度すべての塗装をやり直した方が良いかと思いますが、結構大変な作業となってしまうので、多少のムラであればそのままにしておいた方がよいかと思います。
どうしても気になる修正しないとダメであるということであるならば仕方がないので、納得のいくまですべてを再度塗り直していって下さい。
仕上げ塗装時に必要なものとしては、小さなハケ、粗塗り時使用した塗料、綿の布(バフ)などが挙げられます。
この仕上げ塗装の工程は製品の出来映えを良くすることが1番の目的なので、必要で無いと判断した場合には行わなくても結構ではないかと思います。

(pr)
PSP ナルト
PSP バッテリー
PSP バリューパック
PSP メモリースティック
PSP モンハン
posted by まさっち at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油先物取引価格の決め方

先物取引の種類には原油先物取引と呼ばれる取引が有ります。ここで取引される原油先物取引価格とはどうやって決められているのでしょうか。
原油と言う資源は、今や世界各国で使われていて、誰もが必要とされている、とても大切で無くてはならない資源であると思います。この為、原油価格に変動が起きてしまうと、世界中に影響を及ぼし、多大なる混乱を招く可能性が大きくなると言う事になります。

原油価格の上昇を招く事態としては、原油の供給に対しての需要が格段に増えてきたり、原油そのもの産出量が減ってしまったりする事で価格が上昇する可能性が出てきますので、この混乱を避ける為にも原油先物取引を行う様にして、リスクを避ける様にしているのです。しかし、この取引で決められる原油先物取引価格を決めるにあたって、緻密な駆け引きが裏では繰り広げられているそうで、簡単には決められない事も分かりますが、原油先物価格は、その時点での最適な価格を提示するようです。

近年においては、原油の産出量に関する価格設定以外にも原油価格に影響を与えている事象が有ります。投機資金が多額、原油先物取引に流出する様になった事も影響としてあるそうで、これは原油の産出国で起きている情勢の変化も多大に絡んでいるそうです。

こう考えてみると、原油先物価格取引における価格設定から、世界情勢が窺える位、原油と言うのは世界中に影響を与える資源、または先物取引の商品なのです。

タグ PSP ダウングレード PSP ダウンロード PSP チート PSP テーマ PSP ナビ 
posted by まさっち at 18:55| Comment(2) | 原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。