2010年07月25日

商品先物取引の魅力

商品先物取引には色んな魅力が有ります。その中でも取引の手軽さが魅力ではないかと思うのです。

商品先物取引を行う場合、売買取引をした商品の実物を受け取ったり渡したりする必要は必ずしも有りません。商品先物取引を行ったら、その取引期限内に反対売買、つまり買ったら売る、売ったら買うと言う取引を行い、最初に行った取引との差額を清算して取引完了と言う事に出来ます。

例えば、先物取引で原油に買い注文をしたとします。この取引の意味は、「買った原油を決済すると決めた日に受け取る」と言う意味では有りません。「限月と呼ばれる決済期限の月に原油を今取引で決めた価格で購入する」と言う意味なのです。そしてその後原油価格が上昇したら逆に売り注文をします。これは「原油をこの価格で売ります」と言う意味になります。

ここから分かる事としては、買い契約をした商品を売り契約する事で実際に現物の受け渡しをする事がなく売買差益だけを受け取る事が出来ると言う事です。上記の様に原油価格が上昇したので売りますと言った場合には利益が生まれます。逆に原油価格が下降しましたと言ったら売っても損失にしかなりません。この辺りの計算も行った上で取引を進めていくと良いでしょう。

以上の様に商品先物取引では通常、現物の商品の受け渡しはほとんど行われずに売買取引を行って生じた差額の受け渡しだけが行われます。この様に現物での取引ではないと売り取引から始める事も出来るのです。こうした手軽さが商品先物取引の魅力として挙げられるのではないでしょうか。

タグ PSP ランキング PSP レビュー PSP 中古 PSP 価格 PSP 剣闘士 
posted by まさっち at 20:55| Comment(0) | 原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜大工で使える基本テクニック1

【釘を上手に打ってみよう】。

釘をたくさん打ち付ければ上手に固定される。
というわけではありません。
必要以上にやみくもに使うだけではもったいないだけです。
よくわからない頃、初めの頃はあまり考えずにたくさん釘を打てばいいと思ってしまいがちです。
この部分は強度が欲しいから多少多目に打っておこうか・・という具合に。
結構いい加減かもしれないですね。
見栄えも悪くなるし、釘をたくさん必要以上に使うので予算も多くかかります。
それでは、どのようにしていけば釘を上手に使いこなせるのでしょうか?説明していきます。
釘打ちの基本としては、釘の長さは板の厚さの約3倍は必要と言われています。
打ち込みの際には、約70度程度の打ち込み角度をつけて打ち込んでいくと強度が増していきます。
まっすぐに打ち込んでいけばよいと思われていた方も多いのではないでしょうか?釘を打ち込んだ際に割れやすく、曲がりやすい場合にはキリなどで前もって下穴をあけておくとよいでしょう。
釘の頭部分を目立たないようにしたい場合には、次の3つの方法が有効です。
隠し釘とダボ埋めとつぶし釘という方法です。
順に説明していきます。
隠し釘は、下穴をあけてその中に釘を打ち込んでいくことです。
ダボ埋めは、隠し釘を打ち込んだ後に下穴の大きさ径と同じくらいのダボを打ち込んで、木材表面に沿って平らになるように切り落として行く方法です。
つぶし釘は、釘の頭部分をカナヅチでつぶしていき、見えにくくしていく方法です。
釘を打ち込む際にはカナヅチを使用することが一般的ですが、よそ見などしないで集中して作業して下さい。
指などケガしてしまいますので注意して作業して下さい。

(pr)
PSP 動画変換
PSP 品切れ
PSP 新作
PSP 本体
PSP 活用
posted by まさっち at 07:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。