2010年07月27日

原油価格の上昇

国際原油価格の世界では、新しい年を迎えると新しい情況に生まれ変わり、事態は進展していく。と言う様に言われているそうです。実際に、新年明けて最初の取引日には年末に比べて原油価格が上昇している年と言うのも多いです。この原油価格の上昇に対してどういう対応をしていけばいいのでしょうか。

見方としては、アメリカドルが下落する事で原油価格が上昇モードになると言う見方も出てきています。2008年8月の事ですが、原油価格は1バレル147ドルと言う高値が付きました。その半年後の2009年2月には33.5ドルと言う急下落を見せました。その後、経済が徐々に上昇モードに入ると言う事で、原油価格も上昇してくるのではないかと言われました。事実、米国の失業率が下がった事に対する事からも、経済が上昇モードである事が窺え、原油価格も上昇モードになり、先物取引も注目を浴びる事が多くなってきました。

原油価格の産出単位は基本的にはアメリカドルが使われていますが、このアメリカドルの変化自体が国際原油価格の成り行きに対して多大なる影響を与える事は間違いないと言われています。アメリカドルの金利は過去の実績からみても相対的に低水準であると言えるでしょう。そこを基準にしているので各国の金利も低水準となっている様です。そしてこの事が先物取引市場に資金が流出する為の理由となっている様なのです。また、先物取引において投機取引が国際的にも活発化している事から、価格上昇に繋がっている様なのです。

タグ PSP 無料ダウンロード PSP 無線LAN PSP 用 PSP 画像 SONY PSP 
posted by まさっち at 11:55| Comment(0) | 原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作品例(観葉植物入れ)

【設計】外観寸法的には、鉢の縁の外形が310mmまでのもの(10号鉢くらいまでのものが入るものを想定します)であれば入るようにします。
深さは320mm程度とします。
使用する板材の長さなどを考慮して、無駄が出ないように取りを良くしながら材料を効率よく使用できるように全体の寸法に変更を加えて決めていって下さい。
底には40〜50mm程度の高さのキャスターを取り付けたい。
と考えます。
全体に丸型はすごく難しいので、立方体に近い形にします。
この構想を基に設計図を書いていきます。
正面図なども欲しいですね。
ホームセンターなどで売っている鉢でこのようなものを作ってみたいというものがあれば、覚えてスケッチするなどしてイメージを作っていって下さい。
参考書などにも作品例がいろいろと掲載されています。

【加工】板をどのようにカットするかという板取り図も設計段階で作れると、カットがしやすいですね。

【組立】加工で作成したパーツを順々に組み立てていきます。
必要があれば修正を加えていきます。

組み立て完了後、塗装前の研磨を行っていきます。
水性塗料は乾燥時間が短いので1回塗りが終わったら始めに塗った部分が指につかなくなる程度に乾きます。
30分程度放置しておいて2回目の塗りを行います。
この時重ね塗りする際には表面研磨を行ってください。
2回目の塗りが終了した後、30分程度経過するとほぼ色が落ち着いてくると思います。
部品などを付ける際には、この後行ってください。
仕上げ研磨などをして完成です。

(pr)
カルティエ
スーツケース
レースアップ
ブルー
マーク
posted by まさっち at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。