2010年07月29日

原油価格が高騰している要因

原油先物取引等では原油価格が高騰していると様々な影響が出てきます。また原油価格が高騰すると私達の生活に直接影響してくると言われています。原油価格が高騰する時期が有ります。近年も有りました。原油価格が高騰するとガソリン代が上がってしまってドレイバーの方が困ってしまったり、灯油の値段が上がって冬が辛くなったりと日常生活に直接影響が及ぼされます。また、仕事で車を使うのでガソリン代が上がってしまうと経費面等支障が出てきてしまうと言う方もいるでしょう。更に、燃油サーチャージと言う今まで聞いた事が無かった代金が旅行のツアー代金に科せられる様になり、思った程高くてツアー代も高騰すると言う事態にもなってしまうのです。

石油価格が高騰したと言うと、少し古い所で1970年代に起きたオイルショックが有ります。この時石油価格が高騰した理由としては、産油国の生産抑制が有った様で理由は明確になっていました。しかし、近年起きた原油価格の高騰は原因が様々有り、掴みどころが無いと言うのが正直な所の様です。

ちょっと商品の値段の決め方と言うのを考えてみましょう。基本的に商品に付けられる値段と言うのは需要と供給のバランスによって決められると言われています。商品の値段が上がると言うのは、需要が増えているのに対して供給する商品が少ないと言う事から来ているのです。近年に起きた原油価格の高騰も基本的にはこれに該当するのではないでしょうか。また、先物取引における投機的資金の流用も要因の一つだと言えそうです。

タグ キングダムハーツ PSP グラディエーター PSP グランツーリスモ PSP 攻略 グランドセフトオート PSP コードフリーク PSP 
posted by まさっち at 21:55| Comment(0) | 原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制作作品の例(屋外)

屋外で使用するものは、それ相当の経験と技が必要になってくるかと思います。
屋内で使用する製品とは、使用する材料から変えていかなくてはなりませんし、多いなもの耐久性に優れたものにしていかなければなりません。
例えば、物置・ログハウスなどを作ろうとした時には、それ相当の土地と土台が必要です。
土台作りには、セメントや砂利、砂、あとはスコップが必要でしょうか。
場合によってはブロックやレンガなども必要になると思います。
屋内使用のもので作っていたものとはケタが違うものを作ることになるかと思います。
屋根も必要です。
屋根使用する材料としては、一般住宅でも使用されている「アスファルトシングル材」を使用します。
カラーも3色から選べます。
構成は下地に針葉樹合板や防水紙(ルーフィング)、アスファルトシングル材、屋根裏面も合板で化粧貼りしていきます。
これで雨漏り対策はバッチリかと思います。
組み立てていく手順としては、まず土台作りから水平を保たせて、側面の板パネルを取り付けていきます。
ここで一人作業よりは二人以上で作業した方が効率良いと思います。
側面後ろ・右側・左側を付けていき、正面側の組み立てをしていきます。
屋根板を載せます。
防水紙の上にアスファルトシングル材を貼り付けます。
ドアを取りつけます。
転倒防止用のアンカーも忘れずに。
といった具合です。
最近だと、このような物置を制作できるキットが販売されているのを目にするようになりました。
土地に余裕のある方。
日曜大工に自信がある方は試されてみてはいかがでしょうか?

(pr)
citi
サーフパンツ
ヒュッテ
ダウンベスト
ソファー
posted by まさっち at 19:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。