2010年08月05日

商品先物取引におけるメリット

何に関しても言える事ですが、商品先物取引においてもメリットやデメリットと言うのは存在します。近年、原油価格の変動により商品先物取引に注目が集まっていますので、メリットをご紹介してみたいと思います。

【買い取引と売り取引の両方が可能】
商品先物取引とは、買い取引だけではなくて売り取引も出来ると言うのが特徴の一つとして挙げられます。商品が値上がりする(例えば原油価格が上昇する)と予測出来る場合は買い取引を行います。そして思惑通りに価格が上昇したならば、買った商品を売ってその売買差益を得ると言う事が出来ます。逆に商品が値下がりすると予測した場合には、売り取引を行って、思惑どおりに価格が下落したならば再度商品を買って売買差益を得ると言う事が出来ます。

【取引は少額の資金で行う事が出来る】
商品先物取引においては、証拠金取引システムと言うシステムが有ります。このシステムによって手持ちに少額しか資金が無いとしても多額の取引をする事が出来る様になります。また、レバレッジ効果が有る為に価格変動が多少だったとしても売買差益を充分に得る事が可能なのです。商品先物取引については証拠金に金利負担が付加されませんので負担が無いと言う事になります。

【利益確保には短期投資でも可能】
商品先物取引で扱われている原油やガソリン、灯油と言った商品は価格変動が常に行われている上に、その変動幅も大きいので短期間でも充分に利益を得る様な値動きも期待できます。

タグ オーバー オール カクテル グリーン コーティング 
posted by まさっち at 22:55| Comment(5) | 原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。