2010年06月28日

ニンジンの土作りと施肥

最近では、ミニキャロットやベビーキャロットなど、一段とおしゃれなって人気があるニンジン。冷涼な気候を好み、寒さには比較的頑丈ですが、成長してからの夏の暑さに弱いので一般には夏まきして、小さい状態で夏越しさせます。秋から冬にかけて収穫するようにします。
家庭菜園では、とかく欲張って密植してしまいがちですが、そうすると根の肥大が悪くなります。また品質も低下してしまうので、注意しましょう。

畑の準備と施肥
★土作り
種まきの直前に未熟堆肥を与えると、また根になりやすいので、畑は、できるだけ早くに完熟堆肥と苦土石灰を畑全面にばらまきし、15〜20センチメートルの深さに、よく耕しておきます。
種まきの直前・・・60センチメートル間隔に15センチメートル幅の溝を掘り、元肥として1平方メートルあたり、以下の肥料を施し、土を4〜5センチメートルほどかけておきます。覆土したあと、防乾のためにもみがらをかけておくとよいでしょう。
1平方メートルあたりの肥料
・堆肥・・・3キログラム
・化成肥料・・・100g
・過リン酸石灰・・・30g

★追肥
草丈5〜6センチのことから、込み合っているところから順に2回ほど間引きします。また、雑草が苗に負けないように除草にも気を配りましょう。肥切れすると、根が肥大しませんので、間引き後に、畝間に化成肥料と油かすを畝の長さ1メートル当たりに大さじ2杯ずつ程度ばらまきます。くわで軽く耕し、株元に土寄せします。

(pr)
ジーニーインスタントラインスムーサー
ジャンプスーツ
サロペットスカート
ゴールデンエッグス
コールマン
posted by まさっち at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。