2010年07月12日

「切断」と「穴あけ」

「切断」は材料をカットしていくことです。
必要な長さに切断します。
長さ方向の切断ができたら、幅方向のカットもしていきます。
材木の切断は、1枚の材木の長さを確認して捨てる部分をできる限り少なくするように効率よく切断をしていきます。
切断前に材料に薄目にカット線を書いて、カットする場所を見極めた上で材料をカットしていきます。
メモなどを使って必要な物の長さと材料の長さを書いて、計算していきます。
切断する道具の刃の厚みの分だけ材料が短くなってしまうので、切断した後に「何mmか足らなくなった」なんてことにならないように注意します。
「切断」に必要なものは、差し金、のこぎり、電動丸ノコが挙げられます。
切断はのこぎりを使用しても良いのですが、ずいぶんと手間がかかってしまうので、電動丸ノコを活用していくとより早く正確に綺麗に仕上がります。
続いて「穴あけ」をしていきます。
「穴あけ」の位置を、厚みなど組み立て側を考えて決めていきます。
穴の位置がずれないように気を付けて穴あけしていきます。
注意して行って下さい。
穴をあけていく前に、しっかりと穴の位置を鉛筆などで書きます。
位置が狂ってしまうと組み立て時に苦労してしまうことになります。
穴の位置を狂いなく穴あけをする時は、千枚通しで中心をしっかりと罫書きして、そこへ先の尖ったキリで下穴を開けてから、通し穴を開けると狂いは少なくなってくるはずです。
「穴あけ」に必要なものは、千枚通し、キリ、電動ドリルが挙げられます。
また、穴あけした後に仮の組み立てをしてみて下さい。
仮組立がうまくいかない場合には、よくない箇所をその時点で見直していく必要があります。

(pr)
NIXON ニクソン
NIXON バックパック
NIXON パーカー
NIXON ピアス
NIXON ヘッドフォン
posted by まさっち at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。