2010年07月21日

組立て

これまで作成してきた1つ1つのパーツ部品を実際に組立てしていきます。
これまでの工程で問題なくうまく出来ていれさえすれば、スムーズに組立てていけるはずです。
作成してきたパーツを1つずつ並べていき、順番に組立てをしていきます。
組立ては一般的に使われていて簡単に組立てしていくことが出来るビスと接着剤・ボンドを併用して止めていく方法を使っていきます。
この方法は位置がしっかりと合ってさえいれば、ほとんどといってよいほど難しい技術的な作業は必要ありません。
パーツ同士の接地する面と接地する面がずれないように慎重に組み立てをしていきます。
この他の方法としては、ビスとダボと接着材を併用して止める方法もあります。
木で出来た接合用のクイである”ダボ”での止め方は、穴と穴にそれを差し込む方法です。
穴あけの時に位置がずれていない場合に有効となる方法といえます。
穴が見えないので仕上がりは綺麗に見えますが、隙間をなくす為に引き付ける力がなくなってしまうという欠点があります。
それを補うために引き付ける為にビスと併用するという方法が使われているそうです。
この工程で必要なものとしては、板の厚さに合わせたビス、(ダボ)、木工用ボンド、接着剤、ドライバー、インパクトドライバー、ハンマー、カナヅチなどが挙げられます。
手動のドライバーを使用しても作れるのですが、力も要るし結構な手間がかかってきます。
多少高価ではありますが、電動インパクトドライバーを購入しての使用がお勧めです。

(pr)
PSP ダウングレード
PSP ダウンロード
PSP チート
PSP テーマ
PSP ナビ
posted by まさっち at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。