2010年08月01日

商品先物取引の魅力2

商品先物取引には魅力がたくさん有ります。その一つとして、個人資産を有効に運用出来る便利さが挙げられます。それを踏まえて、一般投資家が先物取引に魅力を感じるのは証拠金取引システムが利用出来ると言う所に有る様です。

商品先物取引については、株式取引と違って取引所単位で取り扱っている商品の銘柄や各取引単位が決められています。金であれば1単位1Kg、銀であれば1単位60Kgと言った感じです。また、単位の事は枚と呼ぶのが常識で、例えば金を5枚取引すると言うのは、金を5Kg取引すると言う事になります。原油価格にも農産物の価格にも同じ事が言えます。

しかし、金にしろ原油にしろ大量の取引となると資金を個人で用意するのはとても難しい事です。そこで便利なのが証拠金取引システムです。商品先物取引において取引額の一部の金額を証拠金として取引会社に預託します。その証拠金が有ると、その金額だけで全額分の取引をする事が可能になるのです。例えば原油価格が上昇していたとしても取引がしたいならその一部を証拠金として預託すれば良いのです。この証拠金の額はどうやって決めているのかと言うと、各銘柄に付けられているレバレッジ効果によって変わってきます。大体の目安としては、実際の取引額に対して5%〜20%程位と考えていれば良いでしょう。

この様に証拠金システムと言うのは、商品先物取引を魅力的に見せている一因で有ると言えます。このシステムであれば個人投資家でも少額の資産で充分に有効活用が出来ると言うものです。

タグ 三国無双 PSP 初音ミク PSP 咲 PSP 太鼓の達人 PSP 戦国無双 PSP 
posted by まさっち at 10:55| Comment(0) | 原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。