2010年08月02日

原油先物取引は価格の安定性を望める

原油先物取引を一言で表すとしたら「原油価格の安定」がピッタリだと思います。原油先物取引やこれを扱っている商品先物取引は、金融商品市場を活性化させるだけではなく、経済活動そのものでも重要な役割であると言えると思うのです。

原油先物取引では原油価格の安定性を保つ為に様々な機能を持ち合わせています。例えば、原油価格の変動に伴うリスクを回避すると言う事です。原油は先物取引市場で自由に売買取引が行われています。基本的に原油や商品等は需給関係で価格が決められます。需要が少なく物が余ってしまった場合には価格が下がりますし、逆に需要が多く、物が足りなくなってしまった場合には価格が上がるのですしかし、この原理だけで取引が進めば原油価格等の商品価格は上がったり下がったりして不安定になってしまいます。価格が不安定になると、生産者も安心して生産する事が出来なくなると言う状況になるのです。

そこで、上記に挙げた価格変動のリスクを回避する為の機能が原油先物取引には必要になってくるのです。具体的にどういう事かと言うと、原油価格が安くなり過ぎた場合は原油先物取引の買い取引によって価格が引き上げられます。逆に原油価格が高くなり過ぎた場合は原油先物取引の売り取引によって価格が引き下げられます。その結果として原油先物取引は原油価格を安定させると言う役割を果たせるのです。

原油価格の安定性があると、生産者や販売者が価格変動で値下がりした際に起こり得る損失を回避出来る可能性が高くなるのです。

タグ 戦場のヴァルキュリア PSP 東方 PSP 牧場物語 PSP 痛PSP 薄桜鬼 PSP 
posted by まさっち at 21:55| Comment(0) | 原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。