2010年08月04日

先物取引における注意点

先物取引をする際には注意点もしっかりと把握しておく必要が有ります。

先物取引を行う際には、業者を介す方も多いでしょう。特に原油価格の変動と言った、何かしらの価格変動が起きた際には先物取引を行うチャンスと言えるでしょう。こうした場合、注意しなければならないのが悪質業者によるトラブルです。法律の隙間をかい潜って勧誘をかけたり、無理な契約を結ばせたりする可能性が有ります。先物取引は危険な物、慎重に事を運ばなければならないと言う様に常に頭に入れておけばトラブルに巻き込まれる可能性も低くなるでしょう。

では、業者を介さずに自分一人で取引が出来るのであれば、トラブルに見舞われなくて済むのでしょうか。いや、実はそうでもない様なのです。先物取引を行っている業者の中には、顧客に対してアドバイス的な事をしている人もいるので、勝手に取引を進めたりしているケースも有るようです。

先ず、日本の先物取引において個人投資家が物凄い人数がいる事自体、世界中からみたら不思議な光景の様です。各国のマーケットでは業者が取引を行っているのが普通だそうです。もちろん、海外でも個人投資家はいますが、プロとして活動していますし、全体の2〜3%位の割合しかいないのです。また、取引も資金も全て個人で賄いますので、日本の個人投資家とは少し違う形態になります。日本は個人投資家でも業者を介しますので、業者の思惑に流されてしまう可能性が高いと言う危険性が出てくるのです。

原油価格が変動した。だから先物取引をやろうとするのは良いですが、おかしな所は無いか、慎重に慎重を重ねて取引を進めていかなければならないのです。

タグ アワー イズム イッタラ ウイスキー ウール 
posted by まさっち at 07:55| Comment(0) | 原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。